News & Topics

2022.09.02
生徒会手記
#10 【報告とお礼】8/28(日)市駅前でユニセフ学校募金

 先日、松山市駅前でウクライナの子供たちへのユニセフ学校募金を行いました。私たちは今回ウクライナの子供たちのために「寄付金」での支援活動を行うと同時に、多くの方に「知ってもらう」というもう1つの支援活動の形を実現することを目標にしていました。募金活動では2時間という僅かな時間でしたが、多くの方に協力して頂き、53,691円もの募金が集まりました。今回集まった募金は、ウクライナの子供たちのために使ってもらうことになります。募金をして下さった皆さん、心から感謝しています。

 さて、今回の募金に参加した生徒会役員のうち、2人の感想をご覧下さい。

 私は、今回の募金活動を通して、多くの方の心の優しさを体感することができたと思います。私たちが呼びかけを始めると、多くの人が私たちの前を通る度に、一度は目線を向けて下さりました。そして、たくさんの方に募金をして頂きました。募金をして下さった中には、千円札や一万円札を入れてくださった方がいて、とても驚きました。一人一人の金額が少なくても、それが合わされば、避難を余儀なくされている何百万ものウクライナの子供たちを、救うことができるということを実感し、とてもいい経験になったと思いました。この先、ウクライナの子供たちに明るい将来が待っていることを心から願っています。

 今回の活動を通して、私が感じたことは人のぬくもりです。私が想像していたよりも多くの方々が募金をしてくださり、頑張ってと声をかけてくださりました。その中には私たちと同じ未成年の方も多く、日本の子供からウクライナの子供への優しさの架け橋が架かったように感じました。まだ歩くこともままならない小さな子もお母さんに支えられて募金をして下さったことは、印象に残った出来事の1つです。またこの活動は私たち生徒会執行部もウクライナの現状を「知る」きっかけになりました。そのような機会を得られたことは、非常に貴重な経験でした。この機会は私たちの前を通った多くの方々も得られたと思います。募金をしてくださった皆さん、差し入れを持ってきてくれた先輩と後輩に改めて感謝を申し上げます。ウクライナの子供たちが笑顔で暮らせることを心から願っています。

 再度募金活動をする機会があれば、また報告させていただきます。

 繰り返しになりますが、募金にご協力して下さった方々、本当にありがとうございました。

関連記事
2022.12.27
生徒会手記
2022.11.09
生徒会手記
2022.09.02
生徒会手記
カテゴリ
アーカイブ